スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by おでかけ日和店長  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

京都の住所1

外観

今日は、京都の住所についてお話しましょう。

京都の方は、いまさらという感じでしょうね。

ちなみに当店の住所を皆様には、

角にある店舗とわかって頂きたくて、

京都市中京区三条油小路南東角 三条油小路町145-1

とさせて頂いております。

本来ならば、

京都市中京区三条油小路東入 三条油小路町145-1

が普通の表示の仕方です。

町名は後日お話しするとして、

まずは区の直後の部分のお話です。

京都の中心部は碁盤の目状に東西南北にきれいに通りが走っています。

それを利用した、効率的な住所表記なのです。

まず、当店の入口があるのが三条通り、

そしてすぐ西に走る通りが油小路通りです。

その通りの交差点を三条油小路とします。

その三条油小路交差点を東に行ったところにありますよっというのが

東に入る⇒東入(ひがしいる)という言い方になります。

逆に西にある場合は、西入(にしいる)となりますが、

南北の場合は、北入、南入ではなく、

北へ行くことを「上る(あがる)」、南へ行くことを「下る(さがる)」

と京都の人たちはいうのです。

京都の人が、観光客から道を尋ねられ、

「その通りを北へ向かってください」というのを

つい「そこを上がってください」といってしまい、

教えられた観光客をは「ビルに登ってしまった。」っていう笑い話も、

昔からよくされます。(実際にあったかどうかは知りませんが…)

なので、京都の人は町名よりも通り名を覚えて、

場所を指すのです。

京都の人でも、通り名を完璧に覚えている人は結構少ないのですが、

通り名を覚えるための歌、

「まるたけえびすに、おしおいけ、あねさんろっかく、たこにしき~」

という通り名を北から並べた歌詞でにメロディーを付けて覚えていたりするのです。

ちなみに今のは東西の通りの覚え歌ですが、

南北の通りにも、

「てらごこ、ふやちょう、とみ、やなぎさかい~」

というものもあります。



ちなみに、京都人はこの碁盤の目の通りの配列がわかりやすいと、

信じているのですが。

他県で暮らしていた際、

観光バスのドライバーさんが、

「京都の通りは、嫌いや!どこの交差点に今いるのか、わからんようになる」

と言われるのを聞いて、

「慣れないと難しいんだなぁ~」

と感じたことがあります。
スポンサーサイト
テーマ: 京都 -  ジャンル: 地域情報
by おでかけ日和店長  at 23:20 |  京都情報 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
プロフィール

おでかけ日和店長

Author:おでかけ日和店長
京都市中京区三条油小路にて旅行相談・手配のできるカフェをオープンさせた店長。2009年11月末にOPENして、現在奮闘中。いいお店ができたなぁ~と自我自賛しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。