スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by おでかけ日和店長  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

ただの惑星ではないグリーゼ581d

以前グリーゼ581という恒星系から未知の信号を受信したという、

ガセネタに大騒ぎしてしまった店長ですが、

Gliese 581

実はこのグリーゼ581を周回する

グリーゼ581dという惑星が、

なかなか興味深い星なようです。

フランス国立科学研究センター研究チーム発表によると、

グリーゼ581dは生命の可能性がある領域(恒星からの距離)ハビタブルゾーンから、

少し外れているものの、

今、地球で話題のCO2の濃い大気のおかげで、

温室効果が生まれ、

水が存在でき、

雲や雨の存在も可能な状況にあると考えられるそうです。

質量は地球の7倍で、大きさは2倍

月が地球に同じ面を向けているように、

常にグリーゼdは恒星に向かって同じ面を向けているとようで、

そのため恒星側の面は、ずっと昼

裏の面は、ずっと夜ということになります。

質量から重力は2倍、

恒星からの光は地球が太陽から受ける放射の3分の1

という条件らしいです。

まぁ地球基準で考えたら、

生命体がいてもおかしくない状況ということでしょうね。

これが知的生命体、いわゆる宇宙人がいるかどうかは、

分かりません。

20光年離れてますから、

今の人類の宇宙船の速度では、

30万年かかるそうです。

宇宙研究の話の中では、20光年って

近いんですけどね~。

旅Cafe&Diningおでかけ日和 スカッと天気の良い日には、夜空を眺めに行くのもいいかも



スポンサーサイト
テーマ: 宇宙 -  ジャンル:
by おでかけ日和店長  at 20:08 |  未分類 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

おでかけ日和店長

Author:おでかけ日和店長
京都市中京区三条油小路にて旅行相談・手配のできるカフェをオープンさせた店長。2009年11月末にOPENして、現在奮闘中。いいお店ができたなぁ~と自我自賛しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。