スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by おでかけ日和店長  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

ごはんが結ぶ縁??

会津継承米
まずこのごはんの説明から、

当店のごはんは、

会津継承米氏郷(あいずけいしょうまい・うじさと)

というブランド米を使っています。

このお米は、高級料亭でも使われるほどの品質の良いものです。

お米の粒が大きくしっかりした歯ごたえがあります。

この米は、土づくりからこだわり、

米に適した土を何年もかけて作り上げてた、

こだわりのお米です。

その土を受け継いでいきたいという願いから、

継承米という名がつけられています。

また氏郷は、

茶道の千利休亡き後の千家を匿った会津のお殿様、

蒲生氏郷(がもう うじさと)

から名付けられ、

この継承米の中でも最高級のものに付けられる、

ブランド名なのです。

このお米、お客様には非常に好評を頂いております。


それ以上に反応をされたお客様がいらっしゃいました。

それが、京都のボランティアガイドをされている男性でした。

その男性、実は山口県出身でありながら、

会津地方との繋がりがある方です。
(歴史が好きな方はお分かりと思いますが、
幕末の歴史から、会津の人たちは山口人が一般的に、
大嫌いなのです。なぜ??と思う方、戊辰戦争をお勉強ください。)

会津でも少年武士たちの自決で有名な白虎(びゃっこ)隊の話を広めようという会に

通じていらっしゃる方なのでした。

会津のお米は美味しいというお話をすると、

喜んで下さり、

また町家を使ったお店という点でも、

気に入ってくださりました。

いろいろ運営されたり寄稿されているサイトを教えて下さり、

今、白虎隊の勉強をしています。

知らない話盛りだくさんで、歴史に少なからずとも興味のある店長としては、

面白いですね。



またひとつお客様との輪が広がりました。


このお店を初めてまだ2カ月ですが、

このお店を初めてことにより、

今まで出会うことの無かった業界の方々にお会いできるのも、

このお店を初めて良かったと思う瞬間です。

もっといっぱいの出会いを目指して、頑張ります。
スポンサーサイト
テーマ: 福島県 -  ジャンル: 地域情報
by おでかけ日和店長  at 19:41 |  料理(当店のメニュー) |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

おでかけ日和店長

Author:おでかけ日和店長
京都市中京区三条油小路にて旅行相談・手配のできるカフェをオープンさせた店長。2009年11月末にOPENして、現在奮闘中。いいお店ができたなぁ~と自我自賛しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。