スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by おでかけ日和店長  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

鉄道ファンのひとりとして

今朝の新聞に「鉄道ファンが列車を止める」

という記事が載っていました。

ここ最近鉄道ファン(「鉄ヲタ」「鉄」などとも言います)

の社会的認知度は、良くも悪くも大きくなってきています。

今回は、悪い方です。

あすか

昨日、関西本線(大和路線)でこちらの車両「あすか」という

お座敷列車を使った団体臨時列車が走りました。

バブル時期は、関西一園では、時々みかける団体列車で、

関西の鉄道ファンにはそれほど珍しい列車ではなかったのですが、

最近は、景気の影響も大きく、

運行回数もめっきりと減ってしまいまいました。

そこで、珍しいものによく反応する鉄道ファンが、

列車の写真を撮影しようと大挙して押し寄せたのです。

安全な場所で撮影するには良いのですが、

線路の敷地内に侵入し、列車を止めてしまったのです。

問題行動を起こす鉄道ファンはほんの一握りです。

しかも同じ人が繰り返すことが多いようです。

その他大多数の鉄道ファンは、憤慨しているわけですが、

そのイメージが強すぎて、

世の中的には、マイナス方向に動いていってしまいます。



私も知らない、50年前などは線路上に入っても、

とがめる人は無く、

運転士と撮影者が手を振りあうこともある

ほのぼのとした時代もあったようですが、

今では、沿線にはフェンスが張り巡らされる区間が増え、

鉄道沿線の宅地開発などにより、

綺麗に列車が撮影できる撮影地が、

めっきり減ってしまったのも、

同じ場所に鉄道ファンが集中する原因にもなっています。

そうなるとカメラを構える場所が無くなり、

危険な場所へも足を踏み入れてしまうということになるようです。

鉄道ファンひとりひとりの行動が今後の、

鉄道趣味(特に「撮り鉄」といわれる撮影派)に

大きく影響してきそうです。

このような事件が起こると、

さらに鉄道ファンの締め出しということにもなりかねないので、

なおさらです。


鉄道は輸送手段であって、

あくまで撮り鉄は、

撮影をさせてもらっている立場なのですから、

そのあたりは、

鉄道ファンの皆様、

肝に銘じておきましょうね!!(私も含めて)


こちらは事件の起きた最寄り駅の河内堅上駅
春にはホームいっぱいに桜が咲く、
桜の名所です。
河内堅上
大阪と奈良の県境にはこのようなのんびりした景色が残ります。
スポンサーサイト
テーマ: 鉄道 -  ジャンル: 趣味・実用
by おでかけ日和店長  at 14:55 |  鉄道(国内) |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

おでかけ日和店長

Author:おでかけ日和店長
京都市中京区三条油小路にて旅行相談・手配のできるカフェをオープンさせた店長。2009年11月末にOPENして、現在奮闘中。いいお店ができたなぁ~と自我自賛しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。