スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by おでかけ日和店長  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

龍馬とおりょうさんゆかりの神社

2010年は

NHK大河ドラマ「龍馬伝」の年です。

坂本龍馬と幕末ブレイク間違いなしです。

少なくとも龍馬にゆかりのある場所は、

地元の人たちが勝手にブレイクしています。

私も少しは観光客のお客様が来てくれるかな?

と期待している一人です。

当店の近くにも龍馬とその妻になるおりょうのゆかりの場所があります。

それが「武信稲荷神社(たけのぶいなりじんじゃ)」

もともと、平安時代初期に藤原良相により創社された神社です。

龍馬や新撰組が活躍した幕末のころは、今より京の町はずーっと小さな町でした。

そして、町の外れに牢獄が作られていたのです。

それが六角獄舎でした。

六角獄舎には、おりょうの父で、

勤王の志士と交流のあった楢崎将作が捉えられ、投獄されていました。

その六角獄舎に隣接していたのが、この武信神社なのでした。

榎の大木
この武信稲荷神社の境内には、大きな榎の大木があり、今もあります。

ここに登ることにより、牢獄の様子を垣間見ることができたそうです。

おりょうも父を案じ、やって来ていた場所でした。


その当時、命を狙われる身であった龍馬は、身を隠していたため、

恋人であったおりょうは、龍馬が何処にいるのか分からず、

探していたそうです。


そこで、この神社にやってきた時に

「龍」という字が榎の大木に彫ってあるのを見つけたのです。

これにより、龍馬が京都に潜伏していることを知った

という逸話の残る木なのです。

龍馬 おりょうさん絵馬
スポンサーサイト
テーマ: 京都 -  ジャンル: 地域情報
by おでかけ日和店長  at 19:39 |  京都情報 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

おでかけ日和店長

Author:おでかけ日和店長
京都市中京区三条油小路にて旅行相談・手配のできるカフェをオープンさせた店長。2009年11月末にOPENして、現在奮闘中。いいお店ができたなぁ~と自我自賛しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。