スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by おでかけ日和店長  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

京都のそのむかしの大きさ

今日のお話は、京都の人でないと、なかなか難しお話かもしれません。



鉄道が日本中に張り巡らされたころ、

各都市の駅は、用地買収の関係から、町の外れに作られました。

その後、各都市が発達するに従い、

駅周辺が繁華街となり、

町の中心地へと変貌したところがほとんどです。

京都の町も例外ではなく、

まず、京都駅は町の南の端に作られました。

そして、現在のJR嵯峨野線が京都の西をぐるりと巡り、

二条駅まで敷かれたのです。

つまり明治のころの京都の市街地の西の端っこは、

二条駅あたりだったと言っていいでしょう。


それを証明するかのように、このような記述があるそうです。

明治の初期は、三条大宮(三条商店街の公園のあるところが)から、

夜になると嵐山(京都の西の山)の光が見えたということです。

今では、完全に町のど真ん中になってますが、

かつては、三条大宮から西には、果てしなく畑などが広がっていたということでしょうか?

今、当店は、京都の町の真ん中にありますが、

明治のころまでは、京都の端に近いところにあったということになります。

確かに、三条大宮から東側は、碁盤の目状に通りが規則正しく通っていますが、

反対に西は道路が入り組んでいるので、

区画整備がされないままに、町ができていった様子が分かります。



先日ご紹介した武信稲荷神社は、

龍馬の時代

京都の郊外にある神社だったわけです。


逆にいえば、三条大宮から東は、

すでに町が完成していた訳で、

当店のある交差点も、昔から現在の幅のままだと思われます。

今では、想像もつきませんが、

縦の通り油小路は伏見へ通じる重要な道路であり、

東西の三条通りは、江戸からの東海道の延長線上にあります。

つまり、当店のある三条油小路交差点は、

江戸時代には大変重要な交通の要所でした。

そんな交差点ですから、
近江屋吉左衛門家文書
坂本龍馬や近藤勇、土方歳三、桂小五郎などなど幕末の志士たちも、

当然、行き来していたかと思うと、

すごいですよね。

と思ってしまいます。

普段は何気なく暮らしている町ですが…




スポンサーサイト
テーマ: 京都 -  ジャンル: 地域情報
by おでかけ日和店長  at 10:54 |  京都の歴史 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

おでかけ日和店長

Author:おでかけ日和店長
京都市中京区三条油小路にて旅行相談・手配のできるカフェをオープンさせた店長。2009年11月末にOPENして、現在奮闘中。いいお店ができたなぁ~と自我自賛しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。